配属先決定!

先週の業務打合せを行っていただいて、今週就業が決定しました。 着任まで、過去の学習情報のまとめをしておきたいと思います。

MBD研修ガイドラインはまだつづく...

一通り、MDB研修ガイドラインを終えました。 モデルベース開発についての基礎知識は習得できたと思います。 追加研修を考えて下さっているらしいです。 まだ連絡がないので今までの復習と自動車の組込みソフトについての学習をしています。...

状態遷移トレーニング...5週間目

7章の状態遷移設計の演習中つづき... 簡易再生プレーヤー 湯沸し器 シュレッダー などの状態遷移を考える演習だった。 状態遷移表を作って動かすと、1回でクリアーできることはない。 何かしらのエラーと変な動きをしてしまう。 だけど、ステップごとの動きを確認したり...

状態遷移トレーニング...4週間目

7章の状態遷移設計の演習中。 途中、「Simulink Design Verifire」を使って検証する方法の説明があった。 やってみよう!と思って悩むも実行出来ず。 追加のプログラムが必要で、現環境では使えないことに気づくまでに2日かかった。...

小休止:インフルエンザ

インフルエンザになってしまった。 9日に発熱なので、14日までは外出禁止とのこと。 来週がんばろう...

状態遷移トレーニング...3週間目

現在6章。ミーリ・ムーアが再びでてきました。 ハレルチャート、ミーリチャート、ムーアチャート 各チャートの違いを確認しました。 ずっとハレルチャートで書いていたので ミーリチャートとムーアチャートで書くのが 難しかったです。

明けましておめでとうございます。

休み明けはいつも、休み前は何してたっけと思う。 しおりを挟み「ココカラ!」メモをしていても、 数ページは戻して読み返している。(記憶力の低下なのか?!) 5章の途中から、問題を解いている。 回答も明確に書かれているので、今章は分かりやすい。

状態遷移トレーニング...2週間目

テキストがザックリし過ぎて、戸惑うこと数回。 自分が間違っているのか?誤記なのか?バージョンによる動作違いなのか? ひとつづつ検証しながら実行しています。 ペースは遅いながらも、進んではいる(と思う) Stateflowの使い方ではなく状態遷移の設計方法を学んでいるのだ!...

状態遷移トレーニング...1週間目

すごい勘違いをしていました! MATLAB→Simulinkの後だったので、Stateflowの入門に近い感じなのかと思っていたら ガッツリ状態遷移の設計方法のトレーニングでした。 MATLAB,SimulinkはもちろんStateflowはある程度使えないと進めない!!...

資料が届いた!

「自動車に関する基礎学習」と「状態遷移トレーニング」の資料が届いた。 「状態遷移トレーニング」を中心に進めていき 「自動車に関する基礎学習」で知識を補足していこうと思います。 (1月に外部セミナーを受講する予定)

MATLAB/Simulink総復習

続きの研修の資料が手元届くまで 今までの総復習をすることにした。 WEBでの新しいバージョンのMATLAB入門を実行してみたり Simulink onramp をやってみたり ヘルプのチュートリアルを実行したり しました。

Simulinkトレーニングは終わり!

9章は読むだけ 参考にしているガイドライン等の資料が古い情報なので 今のガイドラインには記載されていない記述があったり ツールボックスなどの話なので 入っていないものでは実際動かすことができない。 取り合えず読んで、内容を調べて確認してみました。

トレーニングはまだまだ続く...8章終わった!

8章一番時間がかかりました。(3週間) 最終的にはサンプルプログラムを確認しつつ 動かしてみたときに、タイミングがずれていることが発覚。 きちんと動作するように後戻りで修正が必要になりました。 ブレーキの仕様はブレーキを踏んで10秒以内に止まるように負荷を調整して...

トレーニングはまだまだ続く...8章その4

8章の課題も佳境になり、 6章で作った車両モデルと組み合わせてみることに でも、この車両ブレーキがない。 6章の仕様にもブレーキについての記載が全くない。 どういう仕様にしたらいいのだろう... ブレーキ踏んだからすぐ止まるものでもないし、 摩擦係数どのくらいにしよう?...

トレーニングはまだまだ続く...8章その3

目標の2週間が経過。 モデル作成が2/3ぐらい終わったと思う。 要求仕様が一部理解できずに困っていたが 分かるところをモデル化してみると 要求仕様が言っていることの意味が分かり 不足していたタイミングチャートが作れた。 モデルで動かしてみると目に見えてわかるから...

トレーニングはまだまだ続く...8章その2

要求仕様を理解しつつ、 タイムチャートと書きつつ、 CANの資料を読みつつ、 一部要求仕様が理解できないのと CANをSimulinkで使う部分がない。 8章に関しては、 ボタン押したり、ペダル踏んだりという入力は 信号処理として処理させるだけでよさそうなので...

トレーニングはまだまだ続く...8章

8章は1週間から2週間ということなので、たぶん2週間はかかると思う。 最初は、仕様の理解とタイムチャート作りをとのことなので 要求仕様をひたすら読んだ。 CANとかECUとか出てきた! 7章と並行してCANの資料を見ておきなさいというのは 8章で使うからということだったけど...

トレーニングはまだまだ続く...7章終わった!

7章は1日から3日で終わる予定とのことだったが 結果4日かかった。 自己学習なので、本に書いてあることで分からないことが発生した場合 調べものに時間がかかってしまのが原因のようだ。 (自分の理解力で納得できるまで出来るので良しとしよう)...

CANについての学習

Simulinkの研修と並行して、車載ネットワークについての基礎学習を 毎日1時間ほど行うよう指示がでた。 RS-232CやLANなどのパソコン間通信のプログラムはやったことはあるが ECU間通信のCAN全く初めてなので、イメージがわかない。...

トレーニングはまだまだ続く...7章

7章を開始しようとしていたのですが... とその前に、6章の復習のPID制御の説明を受けました。 6章でPIDブロックを使って速度制御をするところがあり 「配置して設定だけでPID制御してくれる。なんて便利なブロック!」 とだけ思って素通りしていたところ...

1
2